• ホーム
  • 妊娠の確率を減少させる避妊薬とダイエット

妊娠の確率を減少させる避妊薬とダイエット

2019年08月21日
薬を飲む女性

経口避妊薬とは、主に避妊を目的に使用される女性ホルモン剤のことをいいます。
女性の生殖機能を司る卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが含まれており、これによって排卵を抑制します。
排卵の抑制だけではなく、子宮頚管粘膜を変化させて精子の子宮内侵入を抑制したり、子宮内膜を変化させて受精卵の着床を抑制するなどの効果があります。

経口避妊薬を正しく服用した場合には、妊娠の確率を減少させて、生理周期の変更や月経困難症の緩和、子宮内膜症の治療などに使用されます。

また、妊娠の確率を減少させたり病気を治療させるだけではなく、さまざまなメリットがあります。
ピルに含まれる女性ホルモンがニキビや肌荒れを改善したり、不妊治療にも利用される薬剤なのでむしろ妊娠がしやすくなります。
また、子宮体がんや骨粗しょう症、更年期障害の改善など女性のかかりやすい病気のリスクも減少させるなどの嬉しい効果も期待することができるのです。

しかし、経口避妊薬はダイエットには向いていないとされています。
経口避妊薬は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの療法が含まれているもので、これは薬によってホルモン状態を妊娠中と同じ状態にしているためになります。
妊娠中と言うことは太りやすくなっているため、経口避妊薬を服用すると太りやすくなると言われるのです。

ダイエットを行いたい場合には、ダイエット中は服用を中止する、またはダイエットのペースを落とすなどが効果的になります。

経口避妊薬は望まない妊娠や辛い月経の症状から女性を守ってくれるものです。
場合によっては吐き気や頭痛、不正出血やめまいなどの副作用が出ることもあります。
経口避妊薬を服用できない場合もあるため正しい知識で理解して、活用して行くことが大切です。